女(わたし)のからだから合宿 RSSフィード
 

ツリー全部最新の50件前後を読む

28okumiokumi   資料の目的など

行き違いにlefteye69さんからの提案がありったようですが,昨日,書きかけていたことを以下,載せてしまいます。(書きかけメッセージをアップロードしたら,lefteye69さんの前の22番に入ってしまい,話の流れが分かりにくかったので,消してこちらに書き直しました。)

まず今回の資料作成の目的は「中絶の事実を知らせる」こと,ですよね。その最終的な目的は,これまでの「嘘」や「沈黙」を克服すること――と,とりあえず位置づける。

ではどんな「嘘」があるのか。

嘘のひとつは(1)「女たちは胎児を殺した罪悪感にうちひしがれて沈黙している」といった見方だと思う。

もうひとつ,(2)「中絶医師でなければ行えない」といった嘘がlefteye69さんから出されている。後者の論点は,今回はちょっと置いておきます。

(1)については,端的に言えば「中絶=罪=沈黙」という3点セットが問題だと,個人的には考えています。この「イコール」を外さないと,当事者も第三者も「事実」を平明に見つめることが,なかなかできなくなる。

そこで,まず「中絶=罪」という図式の起源を示したい。日本でこの図式の一般化に寄与したのは,前にも書いた「水子供養」ですね。西欧社会では,ローマカトリックの「中絶殺人説」の登場。どちらも1960年代に始まっています。全世界的にフェミニズムが広まり,ピル中絶の合法化が主張されるようになったのと時を同じくしていることに注意を促したいです。その頃に,“胎児の可視化”も急速に進んでいきました。

続いて「胎児殺しの罪意識=女性の沈黙」という図式の過ちを指摘したい。女性たちが中絶について沈黙しているのは,「(胎児を殺したことについて)罪悪感があるため」だとまことしやかに言われている。しかし,本当にそうなのか? Christin Lukerは中絶タブーは「性のタブー」だと言う。言われてみれば確かに,女性は中絶についてのみ沈黙しているわけではなく,性にまつわること一般をあまり公にしないよね。だとしたら,沈黙していること自体をもって,「罪意識があるからだ」とは言えないはず。中絶特有の沈黙の理由があるとすれば,それは「スティグマがあるから」でしょう。スティグマとは「烙印」のこと。「ある人がスティグマを持つということは,通常人の注意を惹き,マイナスあるいは否定的な反応(例えば:差別)を喚起し得るということ」です(國分康孝編『カウンセリング辞典』誠心書房,1990)。通常,知られると不都合が起こると分かっていることを,わざわざ口にする人はいませんよね。

……ここらへん,書き出すと止まらなくなるので,これでやめておきますが。ポスト・アボーションシンドロームは,プロライフが生みだした概念なんだよね。苦しんでいる個人に救済の手を差し伸べることは重要だけど,だからといって「中絶して苦しんでいる人たちは可愛そうだからカウンセリングをする」というだけじゃ,相手を踏みつけにしながら,血が出たところだけバンドエイドを貼って,また踏みつけるようなものだと思うのね。

ところがプロチョイスの側も最近は「胎児の命」を懸念し始めた。これは広い意味での「胎児の可視化」あるいは「胎児の実体化」とわたしは言っているんだけど,そういうものの影響だと思う。つまり,科学技術の発達(と,プロライフ意識の広まり)で,胎児をモノ扱いすることが不可能になってきているという“事実”がある。その“事実”のなかで,中絶をどう捉えるべきか……というのが,究極のバイオシックス的な問題なのだと思うけど,今回はそこまで話を進めるのは難しいだろうなぁ……。

ともかくも,「中絶=罪=沈黙」という三位合体は「嘘」だと,わたしは見ていて,今回はそこをひとつ明らかにできればいいだろうなと。次は,当事者が(内輪ででも)経験を共有できる場作りを考えたいです。上記の「嘘」がまかりとおっているのはなぜか。一つには,中絶をした当事者たちが沈黙しているがゆえに分断され,言葉を奪われているためだと思うから。当事者が言葉を取り戻す必要がある。経験を語る言葉を見つけられれば,経験者同士だけではなく,非経験者にも(男性にも)中絶の経験を伝えていくことが可能になるし,そうしればたぶん中絶以外とも通底する問題が見えてくるだろうから。まずは経験を語れる条件を作ること。そのためには,「中絶罪悪視」こそ否定する必要がある……というのが,わたしの考えの基本にあります。

日本でそれができてこなかったのは,歴史的経緯に負うところが大だと思う。そこらへんは,今回は話がずれてしまうので,さっと触れて終えるだけになりそうだけど口頭で指摘したいです。

以上が,昨日書きかけていたこと。ファクトシート提案,賛成です。

WHOの資料については,該当部分を確認して,あとでお返事しますね。ではでは。

返信2006/09/15 09:08:59
  • 28資料の目的など okumiokumi 2006/09/15 09:08:59
    行き違いにlefteye69さんからの提案がありったようですが,昨日,書きかけていたことを以下,載せてしまいます。(書きかけメッセージをアップロードしたら,lefteye69さんの前の22番に入ってし ...